旧山中正吉家住宅について

江戸時代、全国各地で活躍した日野商人たち。山中正吉家は、天保初年から今の静岡県富士宮市で酒造業を営んだ日野商人です。

西大路に今も残る旧山中正吉邸は、日野商人の代表的な本宅建築「旧山中正吉家住宅」として、平成二十七年三月三十一日に町の有形文化財に指定されました。

町では、日野商人の文化が息づくこの貴重な文化財を、適切な保存と修復を行いながら後世へと継承していくとともに、日野の歴史や文化に関する史資料の保存及び活用、また、それらを生かした体験や交流、情報発信の場となるよう、近江日野商人ふるさと館「旧山中正吉邸」と名称を新たにし、平成二十七年四月一日に開館いたしました。

旧山中正吉邸の敷地面積は約二〇〇〇㎡に及び、うち、馬見岡綿向神社の参道に面する約一三〇〇㎡には多くの建物が立ち並んでいます。旧山中正吉邸の歴史は、初代正吉が幕末期の万延元(一八六〇)年に仁正寺藩から土地を拝領したことから始まりました。

幾度かの増築・改築を経て、現在のかたちになったのは、昭和十三(一九三八)年頃といわれており、住居部であった主屋は、この地方の農家住宅に典型的な四間取り型を踏襲し、台所土間には黒タイル貼りの大釜付の五口くど(カマド)が残されています。

また、接客の場として使用された数寄屋風書院造りの新座敷、洋間、さらには、シャワー完備の浴室など、商家の暮らしぶりを随所に感じることができます。

PAGE TOP